スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

参加申込み受付開始!!

2009年09月24日
みなさんどうもこんにちは!
第31回国際学生シンポジウム運営委員 広報局局長の大倉準と申します。

いよいよ本日9/24から、12月25~27日の日程で行われる国際学生シンポジウム本番の参加申し込み受付を開始いたします!と同時に、私たちシンポ広報局も大学の後期授業開始に合わせた形で、本格的な広報活動期間に入ります。
この運営ブログをごらんの皆様の大学にも脚を運ぶと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

本番の申し込み締め切りは11/4(水)となっておりますので、みなさま、早めのご応募をお待ちしております。応募は当団体ホームページhttp://www.sympo.net/index.htmlからお願いいたします。

今回の記事では、広報局の紹介、広報局員のメンバー紹介をさせていただきたいと思います。

☆広報局の紹介☆
 私たち広報局員の使命は、「国際学生シンポジウムの存在をより多くの人に知っていただくこと」「国際学生シンポジウムのイベント本番に、より多くの方々に参加申し込みをしていただくこと」です。

 国際学生シンポジウムは、運営スタッフだけでは成り立ちませんし、参加者だけでも同様です。運営スタッフと参加者が出逢い共同作業で作り上げていくのが第31回国際学生シンポジウムなのです。スタッフと参加者を結びつけるという点で、いわば広報局はキューピッド的存在であるといえます。

 また広報活動においては、単にイベントの告知をするのみならず、全スタッフの想いをみなさまに伝える役割も果たしたいと考えております。

 広報局では、各担当広報を各自が受け持って活動しています。編集局員の努力の賜物であるビラ、ポスター、パンフレットといった広報物、それを作成するための予算を確保するため、より充実したコンテンツを提供するための屋台骨を作り上げた渉外局、それら全てのパワーを各々が活用してまいります。

 以下、その広報活動を担うメンバーと各担当広報を紹介します。

①所属大学・分科会②出身③趣味④夢⑤みなさまへ一言

□■広報局局長■□

  大倉 準(おおくら じゅん)

①立教大学社会学部社会学科3年
 《生活と労働環境分科会》
②北海道札幌市
③散歩、読書、音楽鑑賞、旅、酒、麻雀
④農業と居酒屋の経営、全国温泉制覇

⑤第31回国際学生シンポジウムでの出逢いを、自分の一生モノにして下さい。


□■学生団体広報■□

  村瀬 崇史(むらせ たかふみ)

①慶応義塾大学経済学部1年
 《開発分科会》
②千葉県
③剣道、コント、雑貨屋めぐり
④人に誇りを持って楽しかった!と言える人生を送ること

⑤ヨロシクお願い致します!


□■関東大学広報■□

  山口 茉子(やまぐち まこ)

①立教大学文学部フランス文専修3年 
 《紛争分科会》
②埼玉県川越市
③ダイエット、カラオケ、DVD鑑賞、歩くこと、昼寝、アロマテラピー
④愛し愛される人間になること、フランス永住権を獲得すること、自分なりの幸せを常に感じていたい。

⑤シンポはあなたの大学生活で大きな糧になります!笑いあり涙あり!楽しいよ!


□■主要大学広報■□ 

  畑田 陽市(はただ よういち)

①中央大学法学部政治学科2年
 《日本外交分科会》
②信州
③あまり知らない土地を歩く、村上春樹の本をゆっくり読む、野球観戦
④世界平和(を意識して働ける人)

⑤シンポでの出逢いは大切なものになるはずです。去年の分科会のメンバーとも、最近飲む機会がありましたよ!
    

  石井 真琴(いしい まこと)

①青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科2年
 《日本社会分科会》
②神奈川県川崎市
③うたう、読書、お買い物、ひとの話をきく
④中東の友達に会いに行く、人と人を繋げる人間になる、子供の夢を追いかけるサポートをする

⑤第31回国際学生シンポジウムは今年しかありません。たった一度の貴重な時間を一緒に過ごしましょう!


□■地方大学広報■□

  高井 章弘(たかい あきひろ)

①中央大学法学部4年
 《生活と労働環境分科会》
②和歌山県
③カラオケ、サッカー、野球、散歩
④孫とサッカーする

⑤最高のクリスマスにしましょう笑


□■分科会広報■□

  岩城 久平(いわき きゅうへい)

①青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科3年
《紛争分科会》
②宮城県仙台市
③スポーツ観戦、アウトドア、読書、洋楽、映画、酒
④一生涯研究

⑤飽きさせない、最高のクリスマスをお約束いたします!

□■メディアPR■□

  池野 真史(いけの まさし)

①法政大学法学部法律学科1年
 《アメリカ外交分科会》
②新潟県新潟市
③サッカー、旅、ワイン、食べ歩き、クラシック、ジャズ
④ジャーナリスト、政界進出、子供とサッカー

⑤長い人生から見たらシンポの三日間という期間は微々たるもの、でもこの三日間が貴方の人生に与える影響は無限大です!


□■留学生広報■□

  横田 優(よこた ゆう)

①慶應義塾大学法学部政治学科1年
 《紛争分科会》
②東京都豊島区駒込
③読書、散歩
④模索中

⑤今年のクリスマス、一緒に探し物を見つけにいきませんか?


よろしければクリックお願いします。
大学生ブログ選手権
局からのお知らせ 【広報局】 | Trackback(0)

アメリカ外交分科会紹介

2009年09月21日
こんにちは!アメリカ外交分科会の池野真史と申します。
今回は分科会紹介をしたいと思います。


【メンバー】
1、池野真史(いけの まさし)《チーフ》
所属:法政大学法学部法律学科1年
興味分野:メディア、教育、地域活性化、憲法、紛争
将来の夢:ジャーナリスト。政界進出。自分の子どもとサッカーをする。

2、岡林俊起(おかばやし としき)
所属:中央大学法学部政治学科2年
興味分野:国際政治、覇権
将来の夢:外務省職員

3、鶴川百合奈(つるかわ ゆりな)
所属:筑波大学第三学群国際総合学類3年
興味分野:アメリカ、東南アジア、日本外交
将来の夢:明るく楽しく元気よく生きること

4、西牧亮(にしまき りょう)
所属:慶應義塾大学法学部政治学科4年
興味分野:国際政治、米欧関係
将来の夢:人々の意識と行動を変える仕組みを作ること

【分科会】
アメリカ外交分科会では、9.11を軸としたアメリカ外交の変化、というホットなテーマを扱います。

まずアメリカ外交の安全保障政策通商政策を戦略的思考で捉え、アメリカ外交の現在と本質を探ります。そして、台頭する中国などの潜在的対抗国との外交関係と、歴史的価値観を共有してきたヨーロッパ諸国との外交関係を分析することで、アメリカの覇権的地位の未来を考えていきます。

世界は常に変わり続けています。視野を広く持ち、どんな視点からでも物事を冷静かつ戦略的に考えることが、今我々に求められているのではないでしょうか?
世界に多大な影響を与え続けるアメリカ外交のこれからを分析・議論していくことで、変化をやめない世界の中で生きる者としての戦略眼バランス感覚を養い、もう一度世界を見つめ直してみませんか?


【意気込み】
The more I learn the more I realize I don't know.
The more I realize I don't know the more I want to learn.

Albert Einstein

アインシュタインの言葉です。似たような経験ありませんか?
もっと知りたい学びたい、その気持ちこそが世界への原動力だと思います。

様々な価値観を持つ人と、アメリカ外交という壮大なテーマのもとアツイ議論をする。
その中で「世界」というものを、主体的に捉えていく。
そして、全体を通して各人が色々な気付きを得て、また様々な方向へ歩んでいく。

そのようなコンセプトを兼ね備えた、知性と感性を刺激する有意義なディスカッションを提供できるよう日々努力を惜しまず全力を尽くします。「アメリカ外交を議論する」という面白さを存分に感じていただけるようメンバー全員精進してまいります。
よろしくお願いします!!


よろしければクリックお願いします。
大学生ブログ選手権
分科会 【アメリカ外交】 | Trackback(0)

日本外交分科会紹介

2009年09月18日
こんにちは!日本外交分科会です。
分科会紹介をしたいと思います。

①、名前(漢字、読みフルネーム)②、所属(学部、学科、年齢)③、興味分野④、将来の夢

~日本外交分科会~

①西山晃平《チーフ》
②専修大学法学部政治学科2年
③政治哲学、思想、経済、外交・安保、インテリジェンス
④歴代最高の総理大臣

①小野秀樹
②千葉大学法経学部経済学科21歳③政治
④人生を楽しむこと。

①畑田陽市
②中央大学法学部政治学科2年
③国際政治、公共政策、いろいろ。
④夢、世界平和!

①千家 寛也
②早稲田大学法学部2年③行政・公共政策、日本外交の方向性
④官僚になり公益のために働く&立派な家庭を築く

★分科会紹介★
日本外交分科会では、「日本の外交・安全保障を論じてみる」という壮大なテーマの下で外交・安全保障について議論を進めます。現在、アメリカの衰退、中国、インドなどの台頭により、新しい時代へと移っているなど一般的には言われます。そこで、本当にそうなのか?それが真実ならばどのように日本は動くべきなのか?など柔軟に緻密に議論を行っていきます。そこで、具体的には①日米同盟、②日中関係、③核問題、④東アジアと日本という4つのアプローチで外交・安全保障を議論したいと思います。

★意気込み★
大学での専門は、政治学系統が二人、経済学系統が一人、法律学系統が一人とバランスの取れた重厚感溢れるチームです。ロジックのミスがあれば「おかしい!!」と言い合えるのがこのチームの強みです。アメリカの偉い学者だろうと、日本の偉い学者だろうとなんのその。納得するまで議論させて頂きます。この覚悟でチーム結成に至りました。どこでも通用する重厚な議論を用意することが至上命題だという共通認識です。一方、一般市民の方でも偉い学者さんの行うレベルの議論ができるように用意することも至上命題です。
長くなりましたが、やる気があることは確かです。
よろしくお願いします。

よろしければクリックお願いします。
大学生ブログ選手権






分科会 【日本外交】 | Trackback(0)

日本社会分科会紹介

2009年09月16日
こんにちは!日本社会分科会です!
分科会紹介をしたいと思います。

メンバー

・石井 真琴(いしい・まこと)《チーフ》
所属→青山学院大学国際政治経済学部2年
あだな→まこっちゃん
興味分野→国際政治経済、教育、開発
将来の夢→世界をとびまわって子どもたちと一緒に笑顔になる。

・渡辺 江紀(わたなべ・みずき)
所属→創価大学経済学部2年
あだな→ハイジ・キキ
興味分野→行政学、社会保障政策
将来の夢→行政機構に携わる仕事。何かしらの分野で頂点を極める。魅力溢れる人間になる。

・志甫 共美(しほ・ともみ)
所属→上智大学文学部新聞学科1年
あだな→ともみ
興味分野→日本人の政治参加、日本文化
将来の夢→日本に住みつつ、インターナショナルな仕事をする。外国に住みつつ日本についての仕事をする。最終的には花屋さんになります。

・荒木 亮佑(あらき・りょうすけ)
所属→慶應義塾大学理工学部1年
あだな→アレックス
興味分野→メディア、日本社会
将来の夢→機械工学科で、エンジニア的な仕事。ノット研究職。


当分科会では、身近な社会問題について取り扱います。
行政において国がすること、
教育において国がすること、
日本人の政治への参加
メディアを通した参加、
といった内容を討論していきます。

ざっくりいいますと、
国がどんなことをするのか、
国民がどんなことをするのか、
をいろんな問題からみていこうという分科会です。

ここで扱う「いろんな問題」というのは、
どんな場所で生まれ育ってきた人間であろうと、
どんな専攻で勉強してきた人間であろうと、
日本社会の中で生活していれば
ニュースや新聞で見たことがあるであろう
とても身近な問題になっています。

それぞれの参加者が
それぞれの価値観や意見をもとに、
自分たちの問題を、真に自分の問題として
受け止めて考えていくような
そんな分科会、討論会にしていきたいと思っています!!


よろしくおねがいします!

分科会 【日本社会】 | Trackback(0)

環境分科会紹介

2009年09月14日
こんにちは!私たちは環境分科会です!
今回は分科会の紹介をしたいと思います。

■メンバー■
 ①木島 卓史(きじま たかし)〈チーフ〉
  あだ名:タカシ
  所属:青山学院大学2年
  興味分野:環境と経済の両立・企業
  将来の夢:人と違う生き方をしたい!

②徳永 世都(とくなが せと)
  あだ名:せとちゃん
  所属:慶應義塾大学1年
  興味分野:水・食糧
  将来の夢:食品メーカー

 ③吉村 拓也(よしむら たくや)
  あだ名:ムー、ムゥ
  所属:慶應義塾大学1年
  興味分野:世代間倫理・人のエゴ
  将来の夢:平穏な家庭を持つこと。
 
④若松 佑季(わかまつ ゆき)
あだ名:ユキ
所属:東洋大学1年
興味分野:行政
将来の夢:オリエンタルランドで、ショーやグッズについての企画をすること

■分科会紹介■
 みなさんはじめまして!!私たち環境分科会は、その名の通り昨今世界中で話題になっている、環境問題についてディスカッションを行う分科会です。
今現在、地球環境の悪化を防ぐために国や企業や非国家組織など、様々な主体が動いています。しかし問題の解決はそうそう簡単ではありません。環境問題について国際的な動きは活発になっているものの、いまだに地球環境の悪化を食い止めることは難しい現状です。

私たち環境分科会は、その背景には立場の違いによるエゴのぶつかり合いや無関心があると考えています。その中でのキーワードはズバリ、「自己中心性」ですね。例えば今を生きる私たちが、自分たちの生活水準を下げてでも自己中心性をこえて将来世代のために環境保全をしようとできるのかという問題がありますね。また、基本的に利益を出すことを求められている「企業」というものはどのように環境対策をしていけばよいのかということも重要です。そして国にできる環境対策と国益との折り合い、それに伴う国際的な合意の難しさなども環境問題の課題といえます。

私たち環境分科会はそのような環境保全と各主体の利害の対立をテーマに、これからの人類の未来、そして人と地球との共存の仕方を考えていきたいと思います。

■意気込み■
 全体的に分科会員の年齢が若いので、チーフを筆頭にいつも明るく楽しい雰囲気で活動しています。環境問題は勉強すればするほど奥が深く、この楽しさを皆さんと共有できるように、分科会一同頑張っていく所存です。
よろしくお願いします!^^

よろしければクリックお願いします。
大学生ブログ選手権

分科会 【環境】 | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。